FC2ブログ
今日は、青空が見えて風も心地よく吹いて、久しぶりに過ごしやすかったです。

最近、ちょっと好きだな~と思っている木があります。

IMG_5607.jpg
その名も、『煙の木』です。

切り花でアレンジに使われていますね。

依然イングリッシュガーデンで、屋根の高さより大きく、ふわふわ揺れているのを見たことがあります。

赤っぽいのからグリーン系まで種類も沢山あるようです。

これは、グリーンボールという種類かな。

IMG_5608.jpg

IMG_5609.jpg
購入しようかどうか迷っていましたが、剪定していくと適度な高さでキープできそうなので、検討してみようかな(^^)

こんな日に、青空にふわふわ揺れる姿を見る時間も癒やしになりそうですね~*Happy



line
今日は、梅雨休みで昼間は青空が見える日曜日でした。

コロナの自粛から久しぶりにお出かけしてきました。

IMG_5604.jpg
出掛けた先は、狸ががお迎えしてくれる信楽です。

連休頃植えられた田んぼの稲が、少しずつ大きくなってきています。

ずっと実物を見てみたかったのが、アンティークの家具です。
IMG_5595.jpg
アンティークの家具が、ずら~りと並んだ倉庫の中。

見たかったのは、ドローリーフテーブル。
IMG_5598.jpg
こちらは、フランスのテーブルです。天板の組み木模様がとても素敵です!

一見、一枚物の天板に見えるのですが、中心から天板が引き出せる構造になっています。

IMG_5603.jpg
こちらは、イギリスのテーブルです。

普段遣いと、メンバーが増えたときや広い場所がほしいときにスペースが増やせるなんて考えていますね。

1930年頃よりヨーロッパで作られていたようです。

どちらの家具も天板下回りや支えの足にレリーフが施されておしゃれですね。

IMG_5601-COLLAGE.jpg
こんな椅子もありました。

IMG_5599-COLLAGE.jpg
この家具は、ハリーポッターの一場面のようでした。

また行ってみたいな、

久しぶりのお出かけは、小旅行気分な感じ~*Happy

line
『好み合わせ花アレンジ』この素敵なタイトル名の記事を読売新聞に載せていただきました。

私は、この言葉が好きになりました♡~*thanks

IMG_5492.jpg
思い起こせば、コロナの爆発的な感染が起こる少し前の『花のアート作品展』での取材でした。

私は、2006年より『floralfairy』の屋号を持って、お花のアレンジのお店を始めました。

お花が好きで、毎日の生活の中にほっとする空間にお花があったらいいなとの想いからでした。

一番初めにお花に触れたのが、高校生の時、母のすすめで生け花を始めました。始めたときは、一枝の木から、一本の花から、花器を選びそこにデザインして行くと、不思議な空間が出来てきて何かを物語るような感覚でした。流派は、小原流から草月へと変わりましたが、そこでさらに花材からイメージをもっと膨らませる生け方を学ぶことになりました。今でもいろんなアレンジをしていくときの基本になっていると思います。そして、私のお花の世界は、生け花にとどまらず、ちょうどこのお店を立ちあげる時を同じくしてレカンフラワーが誕生したのをきっかけに、更なるお花のデザインの表現を学びました。生花のお花の色や葉っぱをそのままに残せる技術に大変驚いたのを憶えています。今もこの学びは、進行中です。そして、生花と見間違えるプリザーブドフラワーも出始めたのもこの頃ではなかったでしょうか。こちらは、水をあげなくても枯れないお花として、飾れる魅力にまたまた驚いたものです。このプリザを使ってお花のデザインをするときに、剣山にデザインする生け花ではないアレンジをしたくて、花留めとしての吸水スポンジを使用してのアレンジを学びました。それまでは、枝振りをどのようにしてデザインにしていこうかと考えたものですが、こちらは、花首を使用してのアレンジが主でした。それまでの私としては、こんなに短くカットしても大丈夫だろうかとはさみを入れるのをしばしためらったものでした、ちょうどカルチャーショックみたいな感じです。そして、そのことにも慣れ始めてきたとき、雑誌の『花時間』でのアレンジメント大賞というコーナーがあり、毎号、出されるテーマに沿って、自分で場面設定を考えてデザインしていくことを楽しみに応募していました。この頃から、デザインしたお花をカメラで撮って表現することを知ることになりました。そして、最近では、ガラスの下の一枚なのに奥行きが感じられる素敵なお花の表現方法として、押し花の世界を学ぶことに繋がってきています。

IMG_5498.jpg
今回、読売新聞の県民情報誌において、キラキラスポットに紹介していただいたことをきっかけに長くなりましたが、私のお花との関わりを記しておきたいと思いました。


これからも、毎日の暮らしの中でほっとする空間をお花とともに**この想いはずっと続くと思います。

少しでもお手伝いが出来たらいいなと考えています。お花のアレンジのオーダーやお教室でのレッスンなど~
お気軽に、お問い合わせをお待ちしております~*Happy

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    floral fairy   中村 まちこ




line
今日は、夕方にちょこっと草引きをすることに~

そこで、ちょこっと嬉しいことがありました♡

ラムちゃんも一緒にお庭へ出ました。

ラムちゃんが何か見つけたようです。
IMG_5541.jpg
何ですか?
IMG_5542.jpg

ちょっと放っておくと草ぼうぼうになる庭に、そういえば春先にイチゴの苗を植えたところです。

IMG_5546.jpg
見てみて~イチゴが成っていました。

毎日水やりをしていましたが、気がつかなかったですね(^^;)

肥料とかもやってなかったし・・

IMG_5549.jpg

暗くなってから水やりをしていたからかな・・・

IMG_5547.jpg
嬉しいな~♡

四季なりイチゴ 『あまつ姫』のネームプレートがありました。

IMG_5561.jpg
ありがとね、ラムちゃん!!

明日からは、梅雨入り~みたいですね。

また楽しみを見つけて、梅雨空を乗り切ろうっと~*Happy

line
今日も一日お疲れ様でした!

日中は、日差しが照り返し暑かったですね。

6月に入り、コロナでの自粛も少しずつ解かれていっているこの頃ですが、皆さんの所ではどのようになってきていますか?

私が住む滋賀県のびわ湖のほとりでは、学校も再開され会社への出勤の方も増えてきています。電車も時間帯によっては、蜜に混み合ってもいますよ。

コロナが蔓延する前と変わったのは、皆さんマスクを着けている姿です。子供ちゃんは、柄入りの可愛いマスクを着けているのをよく見ますね。これから暑さが加わると、息苦しくなってきますね。外を歩いているとき、マスクを外すとス~と風が鼻を通り気持ちいいです。以前は、気にしていなかったけど外気を自然に吸って呼吸をすることがこんなにも有り難いことだったとは・・・

先日実家に帰ったときに、バイカウツキの花が綺麗に咲いているのを撮りました。

IMG_5511.jpg
夕焼けが綺麗な日でした。

このお花は、『梅花空木』とも書きます。3㎝ほどの真っ白なお花が咲きます。

IMG_5518.jpg
夕日に照らされて、ほんのり茜色に染まっています。

IMG_5522(1).jpg
この日、母が挿し木をしておいてくれた鉢をもらって帰りました。

母の庭から、一枝切って一輪挿しに活けておくと落ち着いた上品な香りがしています。

line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

https://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line