夕暮れ時の琵琶湖のほとりを散歩しました。

DSC_1605.jpg

飛来してきた渡り鳥が、水辺に気持ちよさそうに浮かんでいます。

膳所城跡の公園の木々は、葉を落とし落ち葉の絨毯になってきました。
DSC_1608-COLLAGE.jpg

こんな夕焼けが見られました。

DSC_1620.jpg
来週は,クリスマス

年末までもうひとがんばり!

line
この秋もススキを見に、曽爾高原へ出かけてきました。

行く途中の青蓮寺湖にかかる橋、真っ赤な弁天橋を通りました。

DSC_1347-COLLAGE.jpg
この日は、朝からよいお天気でした。

DSC_1364-COLLAGE.jpg
曽爾高原のススキは、丁度見頃で風にゆらゆらふわふわ~

見渡す限りのススキ野原と青い空、山陰からの残光にきらめくススキもきれいでした。

左下の写真には、私が手を振っています。山一面がススキです。

帰り際に、蔓になっている”あけび”を見つけました。

DSC_1464-COLLAGE(1).jpg
家に帰り、中の白い実を初に頂きました。

ほの甘く、なんとも素朴なお菓子のようでした。

種がいっぱいです。猿も食べるようです



line
いよいよ日ごとに寒くなってきました。

秋の深まりを感じますね。

私の住む琵琶湖のほとりにも、今年も忘れず渡り鳥がやってきました。

DSC_1304-COLLAGE.jpg
点々と見えているのが、渡り鳥です。

来てすぐの鳥たちは、湖の真ん中で羽を休めています。

日ごとに群れが増えてきています。

少し慣れてくると岸辺に来て、頭を水面に突っ込んで逆立ちしながらえさを食べます。

用心深くて、撮影に近寄るとす~と離れていきます。みんなあっち向いてるでしょ(^_^;)

DSC_1313-COLLAGE.jpg
葉っぱがいっぱい落ちています。

DSC_1316-COLLAGE.jpg
歩く途中、銀木犀の花が満開です。甘い香りが広がります。

DSC_1327.jpg
日暮れが早くなり、足早に家路につきました。
line
今日は、やはり雨模様となりました。

雨が降る前に、金木犀の押し花をスタートできました

DSC_1281-COLLAGE.jpg
小さな花びらに触れていると、いつもの時間がゆったり思えます。

私の仕事とすることは、とっても小さなものを扱います。

花びらの一枚でアレンジの表情が変わることもあります。

ビーズの作品では、一粒がなくなるとイメージが変わります。

小さなもの。。。

花びらやビーズ、一言のちょっとした言葉、幼い子供たち、手のひらにした枯れ葉。。

最近、小さなものを意識するようになってきました。

小さなものは、私にとっても大切なことを与えてくれるようです。

IMG_4721.jpg
夕暮れ時、散歩に行ったときに拾った落ち葉、
ポケットに入れて忘れていました。

飾っておきましょう、

あのとき見た綺麗な夕焼けの空と一緒に

line
秋の色。。夕日の色。。。キンモクセイの色。。。柿の色。。。。

IMG_4706.jpg
この柿は、渋柿ではありません。

甘柿です。

愛知県産の「筆柿」です。生まれて初めて頂きました。

IMG_4705.jpg
味は、もっちり濃厚で甘いです。種は、細くとんがっています。
お菓子の柿の種みたいです。

街では、金木犀が満開になっています。

明日は、雨模様のようですね。

散ってしまうのかな?

雨が降らないうちに押し花にしましょう!

IMG_4716.jpg
小さき花びらから、幸せをもらう素敵な時間です


line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

http://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line