今日は、余呉ナオミ先生の「クリスタルコスチュームジュエリー」を受講して来ました。
こんな可愛いお魚ちゃんを途中まで作りました。
20170902_171304-COLLAGE.jpg
レジンで硬化させて、この上にクレイデコをします。

フラットワイヤーで型を作るといろんなものが出来るのです。

今日はレジンの凄さと強さに感動!

余呉先生とも沢山お話が出来て、新しいお友達も出来て♡♡ 

幸せな時間でした



line
先日、滋賀県守山市で開催中の『アルフォンス・ミュシャ展』へ行ってきました。

IMG_20170803_131550.jpg
場所は、佐川美術館です。

私は、初めて訪れたのですが、

とても広くて、びわ湖の水を表現したようなエントランスでお出迎えの美術館でした。

IMG_20170803_132353-COLLAGE.jpg
歴史的背景は・・・19世紀末、パリ。その頃は、文化や科学が一般市民の生活に浸透し、華やかで繁栄を極めたベル・エポック(仏語:良き時代)。1つの芸術運動が興ります。それが、アール・ヌーボー(仏語:新しい芸術)です。その芸術は、植物など有機的な自然物をモチーフとして作品に取り入れ、美麗な色彩と流れるような曲線を用いるのが特徴で、その美しい装飾性は当時大流行します。その中で活躍した一人が、アルフォンス・ミュシャでした。彼を一躍有名にしたのが、サラ・ベルナールという大女優でした。彼女から依頼を受けて描いたポスターが転機となりました。

IMG_20170803_141018.jpg
このポスターです!
(なぜに、この展覧会は携帯からの撮影はOKでした)

アルフォンス・ミュシャの作品の構図は、どれも印象的ですね。

惹かれるものがあります。

彼は、デッサンを惜しまなかった。

写真も自らが沢山撮って、構図の材料にしていたのですね。

驚いたのが、何台かのカメラを持っていて自ら現像しプリントしていた。

そして、二重露出、ソフトフォーカス、バックライティングなどのテクニックを駆使していたようです。

『光と影』は、芸術の永遠のテーマですね。

この展覧会は、9月24日まで開催されています

line
今日のバースデイ記念日は、ボリショイバレエの公演を見に出掛けました。

滋賀県芸術劇場びわ湖ホールで、日本初演『パリの炎』です。

20170610172747-COLLAGE(1).jpg
ジャンヌ役には、エフゲーニャ・オブラスツォーワ。

フィリップ役には、イーゴリ・ツヴィルコ。

迫力満点の舞台でした。

時代背景は、フランス革命時代。ベルサイユ宮殿でのマリーアントワネットやルイ16世が優雅に宮廷バレエを興じる場面がありました。

お衣装もその時代デザインのドレスが用いられていました。

2015幕張
こんな感じの横に広がったドレスです。
 
以前にマリーアントワネット展で復元されているのを見ました。

このドレス、横には広がっていますが、前後は、意外と厚みはなく上から見たら長方形なドレスでした。

実際に貴族が優雅に踊っている場面を見て感激でした。

私が作った、このドレスに似合うブーケです。

IMG_1798-1応募
いかがでしょう?

line
京都岡崎の京都国立近代美術館にて、ただ今開催中の『技を極める~ヴァンクリーフ&アーペルハイジュエリーと日本の工芸』展へ行ってきました。

IMG_20170604_103428-COLLAGE-COLLAGE_1.jpg


今回の展示では、フランスと日本の芸術作品を沢山目にしました。

展示の仕方にも工夫があり、前後から近くでしっかり見ることが出来ました。

楽しみのお部屋があり、ハイジュエリーの製作工程を映像でみることが出来ます。

そこでは、1つの作品ができあがるまでに想像も付かない時間が過ぎていく過程を垣間見ました。

技を極める~この言葉につきます。

今回、私が一番印象に残ったのは、七色に煌めくダイヤモンドの輝きでした
輝くことがプラスになり、作品を1つにまとめ上げていました。
本当に素晴らしいデザインの数々でした!!

お出かけに初めて付けていきました。
IMG_20170604_185209.jpg
マイジュエリーだよ~


line
さわやかな風が吹く6月の始まりです。

行ってみたかった『守山バラ・ハーブ園』へ出掛けてきました。

IMG_20170601_141956-COLLAGE.jpg
約3,000㎡野土地に82種約1,300本のバラが植わっていました。

満開の時期は,少し過ぎていましたが十分に見応えありました。

フワフワの土で、お世話が行き届いていましてバラ一輪がしっかりしていて大きいです。

ここは、守山市が運営しています。

IMG_20170601_145539-COLLAGE.jpg
この庭園には、温室も幾つかありました。

右上の実は、何だと思います?

マダガスカルジャスミンの実でした。初めて見ました。

お世話をされている方に聞くと、
中にはフワフワの綿のような中に種があるようです。

あのジャスミンからこんなに大きな実がなるのですね。

今回、沢山あるバラの中でお気に入りを見つけましたよ。

名前は、『アルンウィックキャッスル』  ER

可憐で落ち着いたよい香りがしています。

IMG_20170601_152349.jpg
ふんわりとしたカップ咲きで、葉のつや色、形状、苗全体の咲き方も好きです。
line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

http://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line