憧れのゴシサイズドイタリック体*

今日も気持ちいいお天気です

さわやか~な季節になってきましたね。

今日は、カリグラフィーのお稽古に行ってきました。

ゴシック体を無事終えられて、次は、いよいよ憧れのゴシサイズドイタリック体に突入です
 

P1020306_20110924172335.jpg  
こんな書体ですよ。

この書体は、エドワード・ジョウンストン(1872~1944)が創作しました。
文字幅の狭いゴシック体とイタリック体のやわらかさを合わせ持ったような書体です。
ジョウンストン自身は、compressed black italic と呼んでいました。
彼が、50歳を過ぎ、目も悪くなり、健康も衰えてきた1925年頃から書き始めました。


私は、初めてこの書体を見た時に絶対書きたいと思いました。

ようやくゴシック体の長~いトンネルを抜けて、この字が始められました

P1020303.jpg   
今まで、ゴシック体で真っ直ぐに つめつめに書いていただけに 

文字の傾斜はないものの華やかさが出てきたように思います。

 
P1020309.jpg  

とにかく 字に動きが出てきたのがうれしいです

 素敵な詩が書けるようにガンバロ



スポンサーサイト

theme : アート・デザイン
genre : 学問・文化・芸術

line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

http://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line