先日、子どもの参観と懇談会で中学校へ行って来ました。

この日の授業は、国語でした。

一時限の中で、谷川俊太郎さんの「明日」を読解されました。

私の日常では、このごろ、カレンダーはいつだったっけ?
なんてことがよくある中でこの一時間はとても新鮮な時間でした。

そして、私もかつて中学生だった頃を懐かしく、確かに時空をさまよってはいろんな空想をしていたものだと思い出しました。

朝ドラで、赤毛のアンが出てきますが、私もこの小説は大好きでした。活字からイメージを膨らませることはとても楽しいことですね。

今は、作品づくりでイメージを膨らませることを楽しんでいるのかもしれません。


・明日=未来

・今日=現在

この対比をこの詩は表しているのだそうです。

ご紹介しておきます。



  
 明 日  あす
   
            谷川俊太郎


ひとつの小さな約束があるといい

明日に向かって

ノートの片隅に書きとめた時と所

そこで出会う古い友だちの新しい表情


ひとつの小さな予言があるといい

明日を信じて

テレヴィの画面に現れる雲の渦巻き

<曇りのち晴れ>天気予報のつつましい口調


ひとつの小さな願いがあるといい

明日を想って

夜の間に支度する心のときめき

もう耳に聞く風のささやき川のせせらぎ


ひとつの小さな夢があるといい

明日のために

くらやみから湧いてくる未知の力が

私たちをまばゆい朝へ開いてくれる


だが明日は明日のままでは

いつまでもひとつの幻

明日は今日になってこそ

生きることができる


ひとつたしかな今日があるといい

明日に向かって

歩き慣れた細道が地平へと続き

この今日のうちにすでに明日はひそんでいる




3階の教室からグラウンドを見たり、山を見たり、廊下を歩くと
びわ湖が見えたり・・・

子どもが、十人十色のみんなと過ごす時間は、貴重な時間だと思いました。

これからも、たくさんのことをいろんな目で吸収していってほしいな。

そしていろんなことが出てくるだろうけど、見守ってあげられる大人でありたいと思いました。

今日の私は、笑顔のまちこさんでしたか?

と問いかけ終わる一日です 




スポンサーサイト

theme : お知らせ・紹介
genre : 日記

line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

http://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line