先日、滋賀県守山市で開催中の『アルフォンス・ミュシャ展』へ行ってきました。

IMG_20170803_131550.jpg
場所は、佐川美術館です。

私は、初めて訪れたのですが、

とても広くて、びわ湖の水を表現したようなエントランスでお出迎えの美術館でした。

IMG_20170803_132353-COLLAGE.jpg
歴史的背景は・・・19世紀末、パリ。その頃は、文化や科学が一般市民の生活に浸透し、華やかで繁栄を極めたベル・エポック(仏語:良き時代)。1つの芸術運動が興ります。それが、アール・ヌーボー(仏語:新しい芸術)です。その芸術は、植物など有機的な自然物をモチーフとして作品に取り入れ、美麗な色彩と流れるような曲線を用いるのが特徴で、その美しい装飾性は当時大流行します。その中で活躍した一人が、アルフォンス・ミュシャでした。彼を一躍有名にしたのが、サラ・ベルナールという大女優でした。彼女から依頼を受けて描いたポスターが転機となりました。

IMG_20170803_141018.jpg
このポスターです!
(なぜに、この展覧会は携帯からの撮影はOKでした)

アルフォンス・ミュシャの作品の構図は、どれも印象的ですね。

惹かれるものがあります。

彼は、デッサンを惜しまなかった。

写真も自らが沢山撮って、構図の材料にしていたのですね。

驚いたのが、何台かのカメラを持っていて自ら現像しプリントしていた。

そして、二重露出、ソフトフォーカス、バックライティングなどのテクニックを駆使していたようです。

『光と影』は、芸術の永遠のテーマですね。

この展覧会は、9月24日まで開催されています

スポンサーサイト
line
残暑お見舞い申し上げます。

IMG_7698.jpg


朝からあちこちで、蝉の声が勢いよく聴こえています。

長く日本列島に居座った台風が去り、また暑さが戻ってきましたね。

子供たちの夏休みも後半に入り、合宿やら宿題に汗しています(^^ゞ

身体を大切にこの夏を乗り切りましょう!

楽しい夏の想い出も沢山作ってね

今日もスタート


line
このところ、暑いなと思ったら豪雨になったり、雷が鳴ったりと少しずつ夏に近づく気象ですね。

夏に向けて、装いも新たに貝殻のリースを作っています。

IMG_7376.jpg

白い砂浜に打ち上げられた貝殻から波の音が聞こえるような~

そんなリースを作りたくて。。

IMG_7601.jpg

IMG_7544.jpg

白を基調にして、海の青のさわやかな色をプラスして~


line
7月に入り、暑い日が続いています。

今日は、こちらびわ湖のほとりではしとしと雨降りで少しひんやりしています。

街のあちこちであじさいが綺麗に咲いていますね。
あじさいを撮ってみましたよ

IMG_7497.jpg
水色がさわやか~

IMG_7503.jpg

白い窓枠は、カメラマンの山本正樹先生監修の優れものです。

Lily Chic 京都窓枠DIYレッスンにて自作してきました。

IMG_7479_1.jpg

全体はこんな感じです。

初めて、電動ネジ回しを使いパテ埋めして、ペンキを塗りました。
木材一本一本は、山本先生の切り出しです。
みんなの分ですから、超大変!

不慣れなDIYレッスンでしたが、根気よく優しくご指導頂きました。
本当にありがとうございました。

貴重な経験で、出来上がったときの感動は特別でした。

撮影に使うボードも自由な色で製作出来ます。

作品のイメージ作りにとっても大事な道具です

line
今日のバースデイ記念日は、ボリショイバレエの公演を見に出掛けました。

滋賀県芸術劇場びわ湖ホールで、日本初演『パリの炎』です。

20170610172747-COLLAGE(1).jpg
ジャンヌ役には、エフゲーニャ・オブラスツォーワ。

フィリップ役には、イーゴリ・ツヴィルコ。

迫力満点の舞台でした。

時代背景は、フランス革命時代。ベルサイユ宮殿でのマリーアントワネットやルイ16世が優雅に宮廷バレエを興じる場面がありました。

お衣装もその時代デザインのドレスが用いられていました。

2015幕張
こんな感じの横に広がったドレスです。
 
以前にマリーアントワネット展で復元されているのを見ました。

このドレス、横には広がっていますが、前後は、意外と厚みはなく上から見たら長方形なドレスでした。

実際に貴族が優雅に踊っている場面を見て感激でした。

私が作った、このドレスに似合うブーケです。

IMG_1798-1応募
いかがでしょう?

line
line

line
プロフィール

☆machiko

Author:☆machiko


**お花について想うこと**


フレッシュフラワーには、その時の生の輝く美しさがあり、 
加工されたお花には、その美しさを長く見続けられる喜びがあります。
私は、どのお花もすべて大好きです。

お花には、いろんな色や形や香り・・があり、
組み合わせによって様々な表情があらわれ、
そこからストーリーが生まれるところに惹かれています。

お花には、想いが宿ると言われています。
私は、お花の妖精が幸せを運んでくれるものと思っています。
ショップ名の*floral fairy*は、その想いから名付けました。

* お花から、癒され、元気づけられて、幸せな日々を過ごせることを願ってお届けします *

floral fairy:中村 まちこ

お店へは、こちらからどうぞ!

http://www.floral-fairy.com

line
ぽちっとランキング
ぽちっとランキング参加中! 「クリック」応援お願いします♪ ↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
にほんブログ村
line
リンク
line
sub_line